今月の救急担当

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 救急指定日

救急診療時間

└ 8時30分から翌日8時30分

お尻のおはなし
あなたの血管は何歳?
特定健診(メタボリック)

ホーム > 診療情報 > 診療科目一覧 > [コラム]お尻のおはなし

肛門の解剖

肛門の解剖の図

まず、肛門の解剖について説明します。

  • 肛門括約筋: 肛門をしめる筋肉
  • 直腸: 便をためる部位で、痛みを感じないところ
  • 肛門管:肛門と直腸の間にある長さが3cm位の管で、痛みを感じるところ
  • 歯状線:直腸と肛門管の境で、ぎざぎざになっている

肛門三大疾患

肛門三大疾患の図

次に肛門の三大疾患について説明します。

痔核の図です。
痔核には外痔核と内痔核があります。

内痔核はひどくなると脱肛してきます。
内痔核には症状によりI、II、III、IV度に分類されます。

I度は主に出血で、II度以降は脱肛を伴います。脱肛を来し、自分で入れるようになればIII度になり手術適応です。

IV度は自分で入れることが出来ません。

肛門周辺の炎症

肛門周辺の炎症の図

肛門周辺の炎症です。

最初は肛門周囲膿瘍と言い、膿を作ります。切開排膿した後、治る場合もありますが、痔ろうを形成します。治っても、また化膿してくる危険性が強いようです。

男性に多いようです。

難治性の潰瘍

難治性の潰瘍の図

肛門管に出来る難治性の潰瘍です。

排便時に痛みが強く、トイレを我慢するため便が固くなり、ますます、ひどくなる事があります。慢性化し、肛門が狭くなってしまう事もあります。

女性に多いようです。

※肛門の症状別や治療方法などもご紹介しています。是非ご覧ください。